野川、くじら山、国分寺崖線

 昨日、2月4日のトレッキングは、くじら山でした。都立武蔵野公園にある、標高50mの超ゆるやまです。でも、いちおう山です。登山です。まあ、自然の築山ではないのですが。
 とはいえ、いくらなんでも、それだけではトレッキングにならないので、野川のほとりをずーっと歩いてみました。左岸を歩いていたのですが、こちらがわには南向きの斜面があるので、日当たりもいいし、いろいろな花が咲いていました。野川芝桜会が植えた芝桜もけっこう咲いていて、なかなかなごみます。
他にも小さな花がいろいろあって、ホトケノザとかオオイヌノフグリとかカタバミとか。あと、ヒメアカタテハが飛んでいました。ことし最初の蝶ですね。鳥は、カモが見ごろです。この日は、1年中いるカルガモはともかく、コガモがけっこういました。マガモもいるはずなんだけど。シジュウカラとかハクセキレイとか、おなじみの鳥も。
 とまあそんな感じで、大沢の水車をすぎ、都立野川公園に。ここの自然観察園も興味はあったのだけど、別の機会に。でも、ここでお昼ご飯を食べて、武蔵野公園に行き、くじら山を登頂。こんな小さな山でも、山頂に標識があるのはいいですね。
山の斜面では、父親と一緒に小さな女の子が芝橇をしていました。なんか、楽しい楽しいって、いいですね。
帰りは、国分寺崖線にそってはけの道をちょっと歩いてみました。国分寺崖線は、雑木林が残っていて、いろいろ探索しがいがあります。
 帰りはバスで調布に出てから、明大前まで。2月8日に閉店してしまう松原湯でまったりしました。

 

松原湯(もうすぐ閉店)

昨日2月4日は、野川をずっと散歩して、武蔵野公園まで足をのばしたあと、京王線で引き返して、明大前の松原湯へ。今月8日に閉店してしまうし、近所なので、行っておこうと。
京王線はこれから、高架化の工事にはいるので、南側は引っ越しが必要。そんなことが、閉店のきっかけになるのだろうなあと思いました。京王線開かずの踏切がたくさんあって、まあそれもしかたないですね。小田急に後れを取ってしまいましたから。
閉店近いとあって、お別れ入浴の人がけっこういました。写真を撮影しているひとがちらほら。
とまあ、そんななか、入浴してきました。男湯はちょっと人が多かったかな。混雑とまではいかないけど。
田中絵師の富士山が男湯と女湯の間にそびえていて、それを見ながら、適温のお湯でまったりです。
 マッサージ系以外はとくに設備もなく、シンプルな銭湯ではありますが、お湯がたっぷりあれば、十分です。

新越泉(ひさしぶり)

昨日、2月3日に行ったのは、新井薬師前の新越泉です。前回葉2016年だったから、7年ぶりですか。
ビルの中にあって、2階が保育園。入口は目立たないので、探してしまったけど、前回も同じように探している。
この日は、この近くでダンスの公演があったので、それを見に行く前に入浴する、ということでした。
浴室は地下、たぶん2階にあって、おそらく女湯が地下1階ではないかと想像するのだけれども、これはわからない。
ただ、地下というわりには閉塞感がない。
前回はお湯がぬるいって感じたけど、今回はそんなことはなく、適温。まあ、時間帯が早めだったからかな。まったりと入ってきました。
1階のロビーがとても広く、公演が始まるまでの間、ここでポカリを飲みながら過ごさせていただきました。
ダンスの公演も面白かったです。

白井の湯(閉店)

1月31日、この日で閉店する白井の湯に行ってきました。午前中、他社に打ち合わせで訪問したあと、午後は仕事をさぼって、ここまで。北総線千葉ニュータウン中央駅からナッシー号という地域循環バスで35分。遠いですね。工業地帯の中にあります。うーん、ロケーションがよくなかったのかなあ。
スーパー銭湯というのはちょっとこじんまりだけど、お湯の温度もちょうどいいし、露天もせまいけど、悪くないし、平日650円というのは良心的です。
友人Aとかつて車で行ったときは、入浴だけでしたが、今回は帰りのバスまで時間があったので、アジフライ定食を食べながら入浴後をすごしました。
ここ、地元野菜の直売の店舗は外にあって、商品は豊富だし、地味によかったんですけどね。
気持ちのいいお湯、ありがとうございました。

大野山、地蔵岩

昨日、1月28日は、神奈川県山北町にある大野山に登ってきました。超ゆる山ではないけど、けっこうな低山です。標高700mちょっとですか。
JR御殿場線谷峨駅からスタート。田んぼの中の道を通り、10人以上は同時に渡れない吊り橋の嵐橋を渡る。でもまだしばらく車道が続きます。雪解けがちょっと凍っているところがあって、ちょっとだけすべりますね。
山道も、さして急な坂はないし、危ないところもないので、気持ちよく登れます。でも、この山のいいところは、富士山がよく見えるところ。この日は富士山の山頂付近が雲に覆われていて、残念でしたが、ふもとから山頂まで見渡せます。富士山を見ながら登山できるというのが、なかなか気持ちいいです。
それと、山頂付近は、かつて牧場だったし、今でも一部が牧場として使われているので、草地になっていることです。気温は低いけど、日差しが気持ちいいです。雪が残っているので、雪焼けするかもしれませんが。途中、車道と交差するところには頼朝桜。冬なので落葉しているけど、立派な木です。年末も頼朝だったなあ。
 途中、634mの標識とベンチ。スカイツリーと同じ高さですね。ここから100mもないです。まあ、低山とはいえ、ずっとのぼりが続くので、休みながら登ります。
山頂も牧場跡らしく、広々としていて、ベンチもたくさんあるし、丹沢の奥の方の山々もよく見えます。
竜集大権現をお参りしてから下山。地蔵岩ルートは、牧場横の長い階段を下り、樹林へ。こちらはちょっとトラバース気味のところもあって、注意しながら歩きます。
お地蔵様におまいりしたら、山道は終了。あとは車道を下り、歩道を歩き、山北駅へ。途中、丹沢クリステルと丹沢キャサリンが迎えてくれます。
下山のあとは、山北駅前の公営入浴施設さくらの湯で疲れをとるのでした。

さくらの湯

昨日1月28日のお風呂はJR御殿場線山北駅前にあるさくらの湯。町営の健康センターの3階にあります。銭湯でもスーパー銭湯でもなく、入浴施設、ですね。
この日は大野山に登ってきました。山頂が広々としていて、運が良ければ富士山がふもとからくっきり見える低山です。この日は富士山の山頂に雲がかかっていて残念でしたけど。
谷峨駅からスタートして山北駅に降りるルート。
ということで、下山の後のお楽しみは、お風呂なのです。
入浴料金は400円と安いし、休憩室でまったりできるし、なかなかよろしいです。温泉ではないし、けっして充実した設備というわけではないですが、内湯の浴槽はひろいし、低温だけどサウナもあるし、露天も小さいけどあるし、ロテナーとしてはうれしいです。露天からもうちょっと山が見えるといいのにな、とは思いましたが。
 同じルートで山をのぼってきた人たちもいたし。
御殿場線は1時間に2本くらいしかないので、時間をみはからって出るというのがポイントです。
ということで、軽く疲れを癒してから、電車を待つのでした。

こちらつつじが丘野川どんぶらこ通信940

「こちらつつじヶ丘野川どんぶらこ通信940」

 

 あけましておめでとうございます。

 今年もよろしくおねがいいたします。

 

 皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。ぼくはといえば、わりと忙しくしていました。

 昨年末で会社をやめたので、今はフリーなのですが、書かなきゃいけない本の原稿はあるし、次の仕事のための準備もしなきゃいけないし、そんな感じで、あまりゆっくりした感じはしませんでした。

 でもそんななかでも、トレッキングには行っています。といっても、ゆる山とか超ゆる山ばかりですが。

 

 12月24日には鎌倉の源氏山へ。標高93m、低いですね。鎌倉駅から線路沿いに北西に歩いたところに登山口。あっという間に頂上です。広場になっていて、源頼朝の像があります。

 でもまあ、ここから銭洗弁財天や佐助稲荷神社をまわったあと、尾根にもどって大仏ハイキングコースを歩き、最後は稲村ケ崎温泉というルートでした。

 稲村ケ崎温泉は、リアル富士山(ペンキ画ではない)を見ながら入浴できるというのがなかなか素敵です。もちろん稲村ケ崎の海も見えます。

 

 12月28日には、仙台から状況した友人Wのリクエストで、ゆる山。選んだのは、埼玉県の越生にある大高取山。同行したのはほかに友人Mと友人Nで、還暦4人での登山。

 標高378m、ゆるやかな里山で、のんびりと歩きました。最後はオーパーク越生で入浴。

 

 1月1日は、近所のカニ山。いちおう、標高50mで、深大寺緑地の一部。頂上はキャンプ場だけど、あまり使われている感じがないですね。カニ山というのは、サワガニがいたから、らしいのだけど。近くの都立農業高校神代分校舎の谷戸にはいまでもいるかもしれません。

 

 そして1月8日には、生田緑地。飯室山標高80mと枡形山標高84mを縦走。生田アルプスです。でもまあ、木道が整理されていて、それが老朽化していたり、里山もぜんぜん手入れされていないしで、なかなか面白いトレッキングコースでした。

 

 フェイズブックで詳しく紹介してますので、見てやってください。

 次回は、もうちょい登りがいのある山にします。

 

 恒例の七福神めぐりもしてきました。

 今年は川越七福神

 実はコロナの影響で、御朱印すべてを押した色紙を販売しているだけで、それぞれもお寺で御朱印をもらうことはしないということになっている。とはいえ、スタンプは設置してあったのですが。最初に行ったお寺で色紙を購入、あとは巡るだけの七福神です。

 とはいえ、川越大師の喜多院成田山別院は人手が多いし、他にも観光地があって、なんだかなあ、なところもありました。

 でもまあ、最後は小さな旅川越温泉で入浴です。

 

 この年末年始は、昨年末で閉店した近所の酒屋で買った、あるいはいただいた謎のお酒を飲んでいました。いや、そうじゃないのもあるんだけど。

 1978年の山形ワインは、倉庫に放置され、忘れられていたもので、すっかり古酒になっていたし、1996年のサントリーラグビーチーム優勝記念のモルツは、ピルスナーではなくエールみたいなビールになっていて、それはそれでおいしくいただきました。キリン100周年記念の赤ワインと白ワインは熟成していたというのかな、白はかすかな苦みも含めてハチミツみたいで、でもしつこさがないシャルドネでおいしかったです。これも10年以上店頭に放置されていたんだよな。

 

 お酒ついでに、古谷三敏の「BAR レモンハート」の37巻も読みました。遺作ですが、終わってしまったんですね。長年読んできたので、ちょっとしみじみ。

 

 温又柔も書いているアンソロジー「鉄道小説」(交通新聞社)なんかも読んで、鉄分を補給したり。初めて読む作家もいて、なんか面白かったです。ホラーもあり、いわゆる純文学もあり、だし。

 

 イアン・マクドナルドの「時ありて」(早川書房)も読みました。これが、短いわりに、いろいろつくりこまれていて、すごくよくできすぎていて、読むのはたいへんでした。時間SFで恋愛小説で、詩的な文章で、と。戦争と時間についても、いろいろ考えてしまいます。

 これはまた別の機会に、ゆっくりと話します。

 

 あとは、北國ばらっどの「岸部露伴は倒れない」(集英社)が、荒木飛呂彦の漫画が目に浮かぶようだったり、とか。

 

 渡辺努の「世界インフレの謎」(講談社)は、わりと売れている経済書なので買って読みましたが、インフレの理由と解決が難しいことはわかったものの、だからどうしたっていうんだろう、ということも思いました。

 コロナが落ち着いて需要が戻ったのに供給が不足しているというのがインフレの原因なのですが、供給側に原因があると中央銀行も金融引き締めなどでは十分対応できない、とか。

 例えば、クルーグマンの本にあったので覚えているのですが、インフレ率と失業率には相関関係があって、適切な失業率に抑制するためにはインフレ率が2%くらいになればいいし、インフレ率を下げると失業が増えてしまう、ということなのですが、米国の失業率に対してインフレ率が異常に高いので相関関係が崩れているということを指摘しています。それには、対策がなかなかない、と。

 でも、読んでいて思ったのが、通貨を軸とした経済学の限界があるな、ということです。もっというと、失業率を数字としてしか見ないのであれば、それは豊かさにつながっていかないのではないか、と。

 インフレが問題なのではなく、問題が起きた結果がインフレなのだろうな、ということです。通貨と税制を通じて、豊かさを再配分することが難しくなってしまったのだと思うのです。だから、もっと別のシステムを考えていかないと、出口はないだろうな、とも思います。

 

 渡辺は指摘していないけれど、インフレの原因のひとつはウクライナ侵攻前から起きている化石燃料価格の高騰だし、これは長期トレンドとして続きます。それは化石燃料への投資の抑制と新興国の需要増によるものです。でも、それも断面の1つでしかない。

 考えてみると、2016年のトランプ政権の登場が、グローバル化への抵抗だったのだと思うと、世界経済がある程度ローカル化に向かい、分断されるというのは必然なのでしょう。そのコストを支払わなくてはいけない。インフレはその大きな流れの一部なのかもしれません。

 地域の中で豊かになっていくということは、もう少し考えるべきだと思うところもあります。

 

 それにしても、「暴太郎戦隊ドンブラザース」がどうやって終わるのか、まったく見えないですね。