永楽湯

昨日の銭湯は横浜市の永楽湯。根岸線関内駅から伊勢崎町方面にけっこう歩いて左にけっこう歩いた当たり。伊勢崎町ブルースをついくちずさんでしまいます。 仕事は6時半くらいに終え、京浜東北線へ。翌日は血液検査なので、まあ、銭湯でリラックスしておこうというのも。 永楽湯、実は最近まで臨時休業していたみたいなのですが、営業を再開していたということです。 ということで、写真だと看板が新しいので、中も新しいかなと思うと、じつはけっこう老朽化していて、いい感じに渋い銭湯です。 男湯のドアをくぐり、番台で入浴料を支払います。けっこう脱衣所が広くていいですね。 テレビでは、ソーラーシェアリングというぼくの仕事の業界の話題を放映していて、解説も知っている大学の先生なので思わず見入ってしまいます。 浴室もそういうわけでわりと広いです。ただ、背景はタイルだけで殺風景かな。白湯はやや熱め。良く温まるけど、まったりするまではいかないかな。でもまあ、ジャグジーが快適です。 黒湯はやや低めでこちらはまったりできます。なかなか濃い黒湯で、しみじみと温泉だなあと思うのです。 帰りも伊勢崎町を歩くわけですが、翌日血液検査なので、飲みたくなるけど、明日の夜までがまんです。

f:id:tenshinokuma:20211216195317j:plain